現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 生徒の活動

生徒の活動

生徒会活動

 令和2年度をは、4月7日の着任式・始業式・入学式でスタートしましたが、新型コロナウイルス感染防止のため4月20日~5月31日の約1か月半に渡り臨時休業となりました。そのため、生徒会活動は、休業前に対面式、生徒会認証式を実施いたしましたが、本格的な活動はできない状況でした。ようやく6月1に学校が再開し、6月5日・9日に生徒総会を開催し生徒会活動をスタートさせることができました。その生徒総会の様子を合わせて紹介いたします。
【6月30日更新】



対面式(新入生歓迎の集い)

4月8日、前日に入学式を終えたばかりの新入生を心から歓迎し、1日も早く中学校生活に溶け込んでもらえるよう、在校生である2・3年生が交流の輪を広げました。
当日は、新型コロナウイルスの感染拡大防止策をとるため、全校生徒が体育館に一堂に会する形ではなく、間隔を取りながら体育館で待っている1年生に生徒会や部活動の代表が入れ替わる形で活動の様子を紹介しました。
2・3年生の代表以外の生徒は、各教室でこの様子をテレビで視聴しました。例年とは違う紹介の仕方のため、生徒会や各部活動では、短時間で思いが伝わるよう工夫を凝らしながらパフォーマンスを仕上げていました。新入生は、先輩の心温まるパフォーマンスに笑顔があふれ、大きな拍手を送っていました。2・3年生は先輩としての役割をしっかり果たすことができ、目標を達成することができました。

生徒会認証式

4月14日、生徒会や学級の役員に選出された生徒に認証状を渡す生徒会役員認証式を行いました。今回も新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、代表生徒が認証状を受け取る様子をカメラで撮影し、他の生徒は各教室のテレビで視聴する方法を取りました。その認証式の中で生徒会長の布野ひよりさんが生徒会を代表して力強く挨拶をしました。「皆さんこんにちは。今日は認証式です。このあと、委員に選ばれた皆さんは、認証状を受け取ります。学級・学年の代表として選ばれた自覚と責任を持ち、これから半年間、様々な活動に一生懸命に取り組んでください。また、今回委員会に入らなかった皆さんも、深川中学校をより良い学校にするためにご協力よろしくお願いします。」全校生徒で深川中学校をもっともっと良い学校にしていきましょう!

生徒総会

生徒会方針
 6月5日・9日の2回に渡り生徒総会を実施しました。今年度につきましては、新型コロナウイルス感染防止により体育館に全校生徒が一堂に会することがまだできない状況にあるため、体育館と教室をテレビ中継で結ぶリモート生徒総会という形で実施しました。例年とは違う生徒総会でしたが、深川中学校を「もっと良い学校にしたい」という思いが伝わってくる生徒総会でした。その熱い思いが、生徒会の目標や執行部、各実行委員会の重点に表れていますのでご紹介いたします。
今年度の生徒会の目標は、『笑~えみ~』です。そこには、3つの理想を掲げています。(右上参照)この「3つの理想」を実現するためにそれぞれの実行委員会では、活動の重点を設定し発表しました(右中参照)。重点の言葉には、生徒の瑞々しい感性と意気込みが凝縮して込められているように感じます。また、これらの重点は、総会議案書に書き留められるようになっていて、発表された後、生徒全員が記載します。この行動は、重点を意識して全校生徒で取り組んでいこうとする生徒会執行部の強い気持ちの表れでもあります。このように生徒総会は、より良い学校にしていくために目指す方向を示し、生徒全員の気持ちを一つにする機会でもあります。今年度は、2回に渡るリモートでの生徒総会となりましたが、その目的は、十分に果たせたのではないでしょうか。生徒の学校に対する愛情や思い、期待が伝わるたいへんうれしい生徒総会でした。
生徒総会終了後には、執行部や各実行委員会の重点を1回廊下の壁に掲示しました(右下参照)。日常的に全校生徒が意識できるように工夫されているのです。全校生徒をリードし、先頭に立つ役割を責任をもって果たした生徒会執行部のメンバーにも大きな拍手を送ります。これから全校生徒で力を合わせ『笑み~えみ~』あふれる学校にしていきましょう!