現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 校長室から

校長室から

平成から令和へ!

    • 学校長の写真
      学校長 大野 伸仁

       4月6日に始業式を行い、深川小学校の平成31年度が始まりましたが、元号が5月から令和に変わります。始業式に先立ち新たに本校に赴任した9名の職員の着任式を行い、新たな新体制での1年の始まりです。そして、直後の入学式では、43名の元気で可愛い1年生を迎い入れ、全校児童247名、職員31名で今年度の深川小学校がスタートしました。そして、令和という新しい時代となり、新たな気持ちで教育活動を推進していきたいと思っています。  今年度、3年目となりました校長の大野伸仁でございます。これまでの経験を活かして、子ども達の明るく元気な声が響き、目標や夢に向かって真剣に学び、力を養えるよう、精進していきますのでよろしくお願いいたします。今年度から、深川小学校は、コミュニティ・スクールとして、学校運営協議会を立ち上げ、今まで以上に地域と連携した教育活動を進めていくために保護者の皆様、地域の皆様には、健やかな子供たちの成長のために、ご支援とご協力をよろしくお願いいたします。  新学期に際して、次のような話をしています。  一つ目は、自分でできることは自分で、一つ一つ試してみましょう。初めから上手にできることばかりではありません。あきらめずにがんばりましょう。困ったときは先生や友達に聞いてみましょう。お兄さんお姉さんたちも同じ経験をしていますから、優しく教えてくれます。二つ目は「はい。」という返事、「おはようございます。さようなら。ありがとう。ごめんなさい。」などの言葉、挨拶をはっきりといえるようになりましょう。挨拶や返事はみんなが気持ちよく仲良く過ごすために大切なことです。  元気に気持ちの良い挨拶は、周りにいる人たちを結び付ける仲間づくりの入り口であり、集団生活を送る上で欠かすことのできないものです。三つ目は、交通安全です。車に気を付けて、元気に学校に来てください。健康と安全に気を付けて、命に係わるような危ないことは、絶対にしないようにとお願いをしました。  深川小学校の児童には、校歌にある「明るく 強く 生きんかな」の言葉から、「明るく」とは、前向きで積極的な姿勢で、「強く」とは、粘り強く成し遂げる意思をもち、「生きんかな」は、優しさと強さを兼ね備えた人間性を発揮し、夢や希望に向かってたくましく生き抜いてほしいと思っています。  新学期がはじまり、子ども達は入学・進級した喜びを胸に新たな決意を持って一人一人の頑張りに期待し、上の学年の子ども達には、下の学年の良いお手本となるようにお願いをしたところです。 終わりになりますが、子ども達の健やかな成長のために、教職員一丸となって取り組みますので保護者の皆様、地域の皆様には、今後も変わらぬご支援とご協力を賜りますよう心からお願い申し上げご挨拶といたします。

学校経営方針

【明るく】前向きで積極的な姿勢
【強く】粘り強く成し遂げる意志
【生きんかな】優しさと強さを兼ね備えた人間性