現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 校長室から

校長室から

 

 

学校長挨拶

中嶋校長

 元気いっぱいの7名の新1年生を迎え,全校児童50名・教職員16名で令和4年度深川市立音江小学校の教育活動がスタートしました。
 社会の在り方が劇的に変わる「Society5.0時代」の到来や新型コロナウイルスの感染拡大など先行き不透明な「予測困難な時代」を迎えた今,子供たち一人一人が自分のよさや可能性を認識し,他者を価値ある存在として尊重し,様々な人々と協働しながら,豊かな人生をたくましく切り拓いていく人材の育成が求められています。

 そのため,「生きる力の育成」を基本理念に知・徳・体の調和のとれた教育の推進と,本校の立地や地域性を最大限に生かした教育活動に取り組んでまいります。

 『学び合い 認め合い きたえ合う 音江っ子』の育成
  ~音江小の強みを活かした教育活動の推進~

 これは『令和4年度の重点目標』です。


 本校は,今年度で開校30周年を迎え,6月末には児童・保護者・地域の皆様と記念式典を開催する予定です。開校以来,児童数の減少が進み,複式学級が設置される小規模校となりましたが,音江小開校の理念と魅力ある教育活動は現在までしっかりと受け継がれています。令和4年度は,改めて本校がこの地にあり続け,地域の方々から大切にされ続けている意味を確かめる一年にしたいと考えています。


 また,本校の特色ある教育活動でもあるネイパル深川での通学合宿,花卉生産組合の方々の指導による花育授業など,ふるさと深川・ふるさと音江の素晴らしさを実感できる学びを推進するとともに,ICTの効果的な活用や少人数学級の利点を生かしたきめ細かな指導による「個別最適な学び」と探究的な学習・体験活動等を通じた「協働的な学び」の両立による学びの質の充実や伝え合う力の育成を目指してまいります。


 学校は,『子供の笑顔と活気にあふれ,保護者や地域に信頼され,ともに子供を育てる場』でありたいと考えています。

 そのため,「すべては子供たちのために」を合言葉に,児童一人一人に寄り添いながら,保護者・地域の皆様のご協力を力に,職員一丸となって教育活動を推進してまいります。
 保護者・地域の皆様には,今年度もますますのご理解とご支援をお願いいたします。

                                  音江小学校 校長 中嶋 利啓